緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

個人的には、メロンはあった方が嬉しい

 まずはチチスキー兄弟について語らねばならない。
 チチスキー兄弟はロシアにおける機械工学の最高権威であった。彼らが共同開発した人工知能と人型基礎フレームの構築理論はロシアの貴重な財産であり、彼らがそれまでに積み上げた国への貢献度は、他の学者たちの追随をまったく許さなかった。
 彼らは彼ら自身の理論を実証するため、現実的な人型アンドロイドの設計に取りかかった。アンドロイドはボディバランスや様々な問題への対処を考慮して、女性型を採ることが二人の間で確認された。
 問題はその後に起こった。兄のオッキナ=チチスキーがエネルギー効率に利のある巨乳型を提案したのに対して、弟のチッサイ=チチスキーは軽量な貧乳型の方がアンドロイドの造型には相応しく、胸部にアザラシを棲まわせたごとくの不格好な巨乳型は好ましくない、と真っ向から対立した。
 二人の意見は交わりを見せず、ついには両者がそれぞれのアンドロイドを製造し、対決させるという問題に発展した。
 二年後。対決のときがやってきた。
 推定Fカップを所持する、重量感溢れるアンジェリーナと、デコルテさえ存在し得ない、スリムな造型のユキエはツンドラに対峙し、相手を完膚無きまでに破砕抹消せんと行動を開始した。
 ヘッジホッグのごとくに武装したアンジェリーナが先制攻撃を仕掛け、銃弾とロケット弾、レーザービームの雨を降らせる。軽量なユキエはバーニアをフル稼働して弾幕を避けきり、高速振動ブレードで反撃したが、アンジェリーナの磁気単極子フィールドに遮られた。
 このままでは決着がつかないと判断した兄弟は、すべてのリミッターを解除させた。見物していた高官たちが慌て、彼らの暴挙を阻止しようとしたが、そのときはすでに遅かった。
 アンジェリーナからは熱核ミサイルが一ダース射出され、ユキエはモスクワまでも浸透する超強力な攻性ECMを発動した。
 その結果がどうであったかは、諸君が知っての通りだ。そして偉大なる兄弟は、もうこの世にはいない。
 そこで諸君。私は君たちに問いたい。
 我々は大と小を交わらせることはできないのだろうか、と。
 人にはそれぞれ嗜好やこだわりがある。だが、それこそが世の災禍を招く原因であるとするならば。
 他者の持つこだわりを尊重し、理解することこそが、平和へ続く道への近道なのではないだろうか。
 焦土と化したこの国土を見るたびに、私はそう思わずにはいられないのだ。
スポンサーサイト
  1. 2006/06/22(木) 19:48:25|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:1
<<形而上学的的マイカー天国 | ホーム | 咬牙忍法帖>>

コメント

初めて知る事実。

 実は以前より、大変気になっておりました。チチスキー博士。
 よもやこのような舞台があったとは!

 そしてユキエはデコルテすら存在しないのですね!
 (嗚呼と落涙)

 思えばエネルギー効率って、どれほど違うのでしょーか。肩の凝り具合や汗疹でかきむしる程度などから察するに――どうなんでしょう??
(論点を誤っておりますか、そーですか)

 どうでもいいですけど、結末のあとに題名を読み直すと――大爆笑です。
 すばらかしい切れ味に大満足でした!
  1. 2006/08/18(金) 19:26:55 |
  2. URL |
  3. 朝倉 #klq26XPE
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chabayashi.blog71.fc2.com/tb.php/3-4e30ab39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

磁気単極子について

磁気単極子磁気単極子(じきたんきょくし、モノポール)とは、インフレーション理論|インフレーションの名残として生み出されたとされる素粒子の一つである。通常、磁石にはN極、S極の磁極が必ず存在し、N極のみ、およびS極のみを持つ磁石は存在しないと考えられており、こ
  1. 2007/02/13(火) 18:24:25 |
  2. 電磁気学・磁気関連についてのWEB

編集人

茶林小一

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する