緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ゾンビ祭り2011書評

風香の行進 / 白縫いさやさん
 風香と名付けられたゾンビの娘が、ひたすらヨーロッパを歩き、横断するお話。物語はその風香の後を追いかける者たちによって語られる。
 ただ無目的に、ひたすら歩みを続けるゾンビの風香。その行動から、後を追う者たちは、己たちでその行動の意味を考え、解釈し、考察し、定義していく。その思考が延々と演説調で語られていく。言ってみれば、そんな物語である。
 その形態から、読む側も様々な解釈や、思想の仮託を容易に行えてしまう物語でもある。作者が何をどこまで意図し、これを紡ぎあげたかは定かではないが、常にない読書体験ができるであろうことは間違いない。ぜひ読んでいただきたい。

腐食 [I Need You, I Feed You] / 卯月音由杞さん
 二人でレストランを開こうという前夜、ユリとトウマはドライブに出た。それは新しい何かをはじめるときの、二人の習慣のようなものだった。だが、車を停めダム湖を眺めていた二人の前にゾンビが現れ、トウマは殺害、感染してしまう。だがユリは、ゾンビと化したトウマと生きる決心を固めた。
 私はどちらかといえば作者のセンスや価値観を読む読み手で、例えば凝った構成や技巧をあまり重視する傾向にはありません。だが、それでも魅せられる構成の妙、文章のきらめきというものはある。
 この作品には、そういった妙手やきらめきが詰まっている。プロローグから小出しにされていくエピソードは緩やかに、緩やかに破滅と崩壊へと向かっていく。そしてその幕間に挿入されるカットバック。在りし日の思い出。未来への渇望。それらはすべて現実と対比を成し、積み上げられていく。
 そして、崩壊がはじまる。見事という他はない。
 もちろんそれだけであれば、あえて紹介しようとは思わない。その根底には、大きなやさしさが土台としてある。
 作品はまさに破滅と崩壊を描いた世界だ。だが、そこに描写される情景や細部、二人のやり取りには「そうでないもの」が溢れている。そういったものが溢れていても、ままならないこともある。そう、吐露されているような気持ちになる。
 だから、この崩壊の物語を読み終えたあとでも、私の心には、なぜか暖かいものが残っていて、それがゾンビ祭りが終わった今でも続いている。
 ここには色々な要素が詰まっている。ぜひ読んでみて欲しい。

スポンサーサイト
  1. 2013/03/30(土) 00:00:00|
  2. 緑の読書録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<洛中洛外画狂伝: 狩野永徳 | ホーム | オンライン文化祭2011―夜―書評 その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chabayashi.blog71.fc2.com/tb.php/114-ad302021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

編集人

茶林小一

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する