緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サマ化け

「てめえヤりやがったな!」
 白五枚を台に叩きつけて、男が立ち上がった。
「あら。だって、隙だらけだったんですもの」
 ジョーカー二枚をひらひらさせて、黒髪の女が答える。
「まあまあ御二方とも、落ち着きいな……おっと」
 袖口から磁石やマイコンを落としながら、茶髪の女が宥めた。
「まあプロとして、恥ずかしいのはわかりますけどね」
 側のベッドで、全裸の男がコンマ一秒の速さでコンドームを着脱しつつ、女性の股間にスポイトを差し込む。
「それより、こちらの方々は?」
 カメラを構えつつ、男が指さす。そこには統一感のない男女が一列にずらり。
 一人目の男が軽く頭を下げる。帽子代わりに、頭髪を外してみせた。隣の女は巨乳を持ち上げ、まだ新しい傷跡を晒す。次の男は手抜き工法の設計図、次の女は二十枚の結婚届と、次々に正体を明かしていく。
「あんたは?」
 まったく何の変哲もなさそうな最後の老人に、全員が尋ねた。
「わたくしは、いちばんの老舗でございますよ」
 老人が頭に木の葉を乗せた。

スポンサーサイト
  1. 2011/10/25(火) 09:52:28|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

編集人

茶林小一

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する