FC2ブログ

緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

天空サーカス

 君の目は、開いているか。音は聞こえるか。指は動くか。地に腕を突き、立ち上がることはできるか。言葉を紡ぐことはできるか。
 それは一本の綱を慎重に渡っているようなものだったし、ブランコで必死に手を繋いでいるようなものだった。いつ綱が切れてもおかしくはなかったし、いつか手が届かない瞬間が来るのもわかっていた。細切れになった板に乗り、懸命に繋ぎ合わせ、これは安全なのだと思い込ませて、笑い、楽しみ、食べ、愛し、生きていたのだ。
 幻想は壊れた。悔しいだろう。哀しいだろう。恐ろしいだろう。口惜しいだろう。
 己の無力さを、噛み締めるだろう。大声で泣き喚きたいだろうし、すべてを見ないことにして目を閉じていたいだろう。
 けれどももう、壊れたのだそれは。
 できることは多くない。失敗した玉乗りはやり直せない。逃げてしまった動物たちも、戻っては来ない。
 歯を食いしばり、天を見上げて。切れた綱と、無人で揺れるブランコを睨みつけ。
 明かりなき道を踏みしめて。残されたものども手を取り合い歩いてゆく。それしかないのだ。

スポンサーサイト
  1. 2011/03/15(火) 00:13:29|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドミノの時代

 レとファとラとシの音が出ない世の中になって、どれくらい経つだろう。
 はじめはレの音だった。それはほんのちょっとした変化で。耳聡い幾人かが、何だか不便になったな、と。そう思うくらいのものだった。
 そのうちファの音を耳にしなくなり。ラもシも次々閉じられて。
 気付いてみればいつの間にやら。いくら耳を澄ましてみても、ドとミとソの音しか聞こえてこない。
 昔は一冊にまとまっていた楽譜も今では三分冊され、なのにどこを開いてみても、同じに見える。目に留まるのは二つの記号。
「あなたはこれをしてはいけない」
「あなたはこうしなければいけない」
 三音しか発音できない人々の言葉は平坦になり、聞き取れず、すれ違い、些細なことでの殴り合いがはじまる。
 耐えられなくなった一人が、ぱたりと倒れる。それを目にした次の一人が、ぱたり。
 ぱたりぱたりと倒れていって。最後はどこに、たどり着くのか。
 人々はただ順番を待ち、列を成す。屍を誰も、越えてはいかない。

  1. 2011/03/08(火) 11:52:43|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

編集人

茶林小一

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する