FC2ブログ

緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SOX AND THE CITY

 清しこの夜。子どもたちは枕元に靴下を吊るす。緑、赤、黄、金に銀。色とりどりのソックスが、街中のベッドを飾る。
 冷たい空が雨を雪に変え、通りを半分だけ白く染める。ブーツ、パンプス、革靴にスニーカー。家路を急ぐ足たちが、闊歩し通り過ぎていく。
 街に溢れる、歌、歌、歌。恋人たちは感謝を捧げる。この日を確かに楽しめてるのは、この日もがんばっている人たちがいるから。その人たちに祈りを捧げる。教会からは遠く賛美歌。
 広場には電飾が点り、家々の窓からは暖かそうな光が漏れる。それを月から見下ろせば、一つの大きな靴下のかたち。
 みんな待ってるよ、ここに来て。両手を挙げて、祈りのポーズで、子どもたちが月を見上げる。
 ニューヨーカーたちも、この日ばかりは空を見上げる。
 街は明日も、お祭り気分だ。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/22(火) 00:00:00|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スノーマンは眠れない

「つまりあなたは不眠症だというのですね」
 先生の白衣と同じような驚きの白さを保ったままスノーマンは頷いた。
「眠ろうとはするんです。でも、布団に入るとつい、例えば今年のクリスマスは彼女と過ごせるだろうかとか、仲間由紀恵の足りない部分をアンジェリーナジョリーで補えないだろうかとか、実は男性より女性の方がシモネタが好きなんじゃないだろうかとか、そもそもこういう場で一部の人間しかわからないネタ振りをしていいものなんだろうかとか、色々なことを考えてしまって。それで、目が冴えて眠れなくなるんです」
 スノーマンは布団派なのかと思いながら、先生はカルテを綴った。
「なるほど、悩み事がたくさんおありなわけだ」
 先生が立ち上がった。
「だが、あなたが眠れない原因はおそらく悩み事とは無関係でしょう。別室で治療をするからついてきなさい」
 そう言って足早に診療室を出ていく先生のあとを、スノーマンは丸々とした身体を重そうに引きずってついていった。
「先生、どこへ行くんですか」
 ちょっぴり不安になったスノーマンは聞いた。歩きながら半分だけ振り返った先生の顔はちょっぴり嬉しそうだった。
「あなたのような患者のためにつくったサウナ室ですよ。あそこでなら、ぐっすりと眠れるはずです」
「この病院にはそんなものまであるのですか」
「ここには様々な患者さんがやってきますからね。先日はおはようからおやすみまで暮らしを見つめるのが苦痛になったライオンが来ました」
「CMネタはいつ消えるかわからないから危険ですよ」
 先生は立ち止まり、ドアを開いた。
「さあ、どうぞ」
 先生に促されるようにして、スノーマンは室内に底を踏み入れた。後ろでドアがゆっくりと閉められる。
「すぐに暖かくなりますから」
 スピーカーから先生の声が聞こえた。間もなく、スノーマンの身体の芯に、痺れるような感覚が湧き起こってきた。それは、初めての感覚だった。
「どうですか、気分は」
「とっても……気持ちいい……です……」
「あなたのワイフと比べてどうですか?」
「そりゃもう、うちの古女房とは比べものになら……もちろんワイフです」
「意識はまだはっきりしているようですね」
 先生の声の調子が変わったような気がした。
「この星には温暖期と寒冷期が周期的に訪れるといわれています。そして今、どうやらこの星は寒冷期へと突入しようとしている」
 身体の痺れが強くなってきた。先生の声が、やけに反響して聞こえる。
「今年の冬は、あなたが眠れないだけで済みました。だが来年の冬には、あなたをつくるものたちの存在そのものが、この星から消えているかもしれません」
 先生の話を、スノーマンは穏やかな気持ちで聞いていた。
 いいんです、先生。僕は役目を終えて、こうして眠りにつけるだけで幸せなんだから……。
 頭部が溶け落ちる直前、先生の優しい声を聞いたような気がした。
「おやすみ。せめて今宵はよい夢を……」

  1. 2009/12/08(火) 18:26:45|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボーナストラック

「賞与だ」
 そう言ってセンター長が差し出したのは、茄子と爪楊枝で精巧に細工された3トントラックだった。
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない! こんなダジャレで誤魔化そうなんて! 訴えてやる!」
 さっき駐車場に停めてきた本物のトラックのキーを投げつけて、俺は猛抗議した。
「どう思うかは君次第だ。そして」
 センター長は笑みを浮かべ、ミニチュアを指し示した。
「これをどう使うかも、君次第だ」

 オークションに出したら、翌日に回るくらいの高値がついた。

  1. 2009/12/01(火) 15:03:05|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

編集人

茶林小一

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する