緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読書録 2008/7/22

涼宮ハルヒの憂鬱 / 谷川流
 今更の感はありますが、読んでみました。
 感想は、思ったよりしっかりしているなあ、という感じ。キャラクタ造型はいわゆるライトノベルの流れを汲んでいると思われますが、お話の筋や構成は面白い小説、SFマニア以外が読んでも面白いSF小説であるといっていいと思います。
 特に主人公のツッコミや比喩表現の、ネタの引っ張ってき方がいい。ココはすごく真似をしたいところです。小ネタはときに本文より重要であるというのが私のスタンスなので、小ネタに手を抜かない筆致はとても好感が持てます。
 物語としては、思春期の自分と世間との摺り合わせといった部分の、自分自身でどうにかしたいと思っているのにどうにもできないもどかしさを誇張し、寓意的に仕上げたものだと思う。本作においてヒロインである涼宮ハルヒはそれを乗り越えてはいませんが、続編がまだまだ出ているようなので最終的にはそれを乗り越えるのが目標となる、という物語であると思いたい。
 ラストは少々難解、というか私は一読すぐにはわからなくて、少し考えてからああ、そういうことか、と。これが今流行りのツンデレってヤツなんですね! ツンデレするために世界を変えるってどこまでツンデレの極地なんだ。
 ……うん。この辺りがきっと、角川スニーカー文庫である由縁なのでありましょう。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/22(火) 19:10:27|
  2. 緑の読書録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

編集人

茶林小一

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する