FC2ブログ

緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

神様は君が天国から逃げてきたって事、知ってるのかな?

「ねぇ、君って天国から落ちてきたとき、痛くなかったの?」
「貴様、なぜそのことを知っている」
 口説き文句に返ってきたのは意外な反応だった。
「知られたからには生かして帰すわけにはいかぬな」
 合コン会場となった居酒屋の中はまさに宴たけなわで、僕と彼女の会話に注意を払っている者はいない。そして皆酔っていた。僕も酔っていた。
 アプローチが悪かったか、と思った僕は別の台詞で攻めてみることにした。
「君の瞳が唯一僕に教えてくれないもの……。それはね、君の名前だよ」
「なるほど、読心術か。人間の中にはまれに神通力を備えている者がいるとは聞いていたが」
 彼女が急に立ち上がった。白いワンピースが酔眼に眩しい。酔った頭でも何やら彼女の機嫌を害したらしいと気付いた僕は、慌てて彼女に倣った。
「まあ、座りなよ。君は疲れているだろう? だって、君は僕の心の中を一日中走り回っているんだから」
「つまりすべてお見通しというわけか。この先この星がどうなるのかも、すべて」
「ああ。僕にとって世界はすべて僕のものさ。でも、もし君が僕の彼女になれば、世界の半分を君にあげよう」
 僕は彼女の両肩に手を置いた。あくまでもさりげなく、したつもりだった。
「貴様のその力と野望は、危険だ。今ここで排除する」
 彼女の両肩が光り始めた。思わず手を離す。聖女のようだった彼女の形相は鬼のそれに変貌し、瞳には炎が灯っていた。
「ご、ごめん! これはその、べつにやましい気持ちは……少しはあったけど! その、別にエロいことをしようとかそんなつもりじゃなくって!」
「黙れ。そして地獄で悔い改めろ」
 彼女の背中から銀色のアームが飛び出し、開いた。それはまるで、天使の翼のようだった。
 僕の視界が目映い光に包まれた。それが僕がこの世で見た、最後の景色だった。
 意識が消滅する最中。僕はインターネットで見た口説き文句ベストテンの記事を思い出していた。ああ、そうだ。あれにしておけばよかった。
「『とても綺麗なウイングだよ』って言ったら、君は僕を抱きしめてくれるかい?」
スポンサーサイト
  1. 2008/04/08(火) 20:44:54|
  2. 茶林小一
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

編集人

茶林小一

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する