緑乃帝國 緑のオンライン文芸誌

世界の緑化を推進するウェブログ形態のオンライン文芸誌

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読書録はじめました

 突然ですが読書録をはじめました。最近読んだ本や観た映画の感想などをつらつらと綴っていきますよ。作品がないときの穴埋めじゃないですよ。ないですよ。

虚像の砦 (講談社文庫 ま 54-5)
 『ハゲタカ』で有名になった真山仁の作品。テレビ局が舞台のお話。少し前の事件ですが、中東での日本人拉致事件をモチーフにしてあります。
 会社を守るのか社会的道義を優先するのかというのはどのような仕事にもついて回る問題ではありますが、願わくば自分が「働く」ことによって世の中がほんの少しでもいいからよい方向に進んでいって欲しいとは思うよね。そんなことを考えた作品。
 主人公の風見はなかなかにハードボイルド気質で好きだ。

世界の日本人ジョーク集 (中公新書ラクレ)
 私がポケットジョーク好きというのは一部の方は御存知でしょうが、こちらは日本人に関する世界のジョーク集を集め、そこから外国から見た日本人像を分析するという内容になってます。
 全体的にネタは少々古めなので、「昔日本は世界からこう見られていた」という過去の流れを認識するような視点で読んだ方がよいようです。
 絡みで日本以外の各国の外部的印象も垣間見られます。最近中国がどうとかよく聞きますが、ジョークの世界では中国は昔からこんなのなんだぜ?

スポンサーサイト
  1. 2008/05/20(火) 17:50:36|
  2. 緑の読書録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

読書録 2008/5/27

 第一回目がなかなか評判よかったようで安心しております。他人が読んでる本ってなぜか気になるよね。

今日の早川さん
 某所雑記で書いた早川さんとか岩波さんとかの元ネタです。一部の系統に偏ったビブリオマニア女子をモチーフにしたコミックです。ネタの切れ味は今ひとつだけど目の付け所がいい。同類の方は共感したり身につまされるエピソードがいっぱいなのではないかと思います。

梅咲きぬ (文春文庫 や 29-6)
 近頃の時代小説では一押しの山本一力の作品です。
 主人公と、その母親や踊りのお師匠さんといった周囲の人々が格好いい。
 まっすぐに凛として生きるというのは一人では無理なんだよなあ、とつくづく思う。環境や、そういう美意識を持った人々が周囲にあってこそ一本気に生きていくということはできるんだと思う。
 特に自分と自分の周りがあって、その中で自分が生きているんだということ、その環境とともに生きるという考え方の中には大事なことがたくさんあるなあ、と再認識しました。

3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書 (708))
 会社を辞めた若者たちのその後を追った取材がメインの一冊ですが、主題は若者たちの生き方ではなく時代変遷による価値観やシステムの変化の方に置かれているようです。
 終身雇用その他高度成長期時代にあった価値観は今は通用せず、それに伴って会社に所属することのメリット自体がものすごく目減りしている、ということをこの本は指摘したかったのではないかと思います。作者さんはその価値観の変化にどちらかといえば好意的なようですが、私はそうは思わない。確かに高度成長期時代につくられたシステムや「社会常識」の中にはおかしいものはあるし是正していかなければならないものはたくさんあるけど、新たに変わってできつつあるシステムが旧来のものと比べてよいかと問われたらまったくよろしくないと私は答える。結局他人より自分、自分が出世したりたくさんお金を手にするためなら他人を蹴落としたり、奪い取ったり、服従させたり、モラルに抵触することがらを隠蔽したりという根っこの部分はまったく変わっていないし、むしろそれらを効率的に、先鋭的に行えるようなシステムに作り替えられていっているような危惧を抱きます。そんなシステムやらもしくは株式売買の成功やらでお金と力を手にした若者たちがその後に世の中が幸せな方向に転がるような働き方をするかと考えたとき、とてもじゃないがそうは思えない。意識していないだろうけど我々自身が日々世の中を棲みにくい方へ、棲みにくい方へと動かしているし、今3年で辞めた若者たちが個人主義的価値観に金と力を備えたときのことを考えると寒気がします。
  1. 2008/05/27(火) 13:28:37|
  2. 緑の読書録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読書録 2008/6/3

ロッカーズ / 川島誠
 青春小説が流行りなので(私の中で)読んでいますよ。
 ピアノやバイオリンを弾いていた少年がロックと出会い、楽器をストラトキャスターに持ち替える。漫画のようなストーリー展開ですが、現実にだってクロスロードでブルーズという名の悪魔に出逢うこともある。音楽との出会いというのはいつだってそんなものなのかもしれない。
 もしも私が万が一青春小説を書くことがあるとしたら、こんな文体で書きたい。行間からロックのビートが響いてくるような、こんな文章がいい。物語はただ淡々と進んで行くし、エピソードは投げっぱなしなので小説としての面白みはそれほどない。でもそれが逆にロックを感じさせるような気もします。個人的には読んでよかったと思える一冊。

夏の庭―The Friends / 湯本香樹実
 青春小説が流行りなので読んでいますよ。
 青春小説読みの方なら今更な一冊かもしれない。でも今まで読んだことなかったんですよ、湯本香樹実。何だかすごく人生を損していた気分だ。
 物語のつくりや筋立てはステレオタイプ。ですが、個人的な見解ですが青春小説においては箱庭の奇抜さよりもその中で作者さんが何を語りたいのか、何を伝えたいのかということの方が大事だと思っています。
 この作品には語りたかったことがしっかりと綴られていると思うし、伝わったと思う。正直泣いた。
 この作品に、出会えてよかった。そう思います。未読の方はぜひ。

マリア様がみてる マーガレットにリボン / 今野緒雪
 青春小説が流行りなので読んでいますよ。
 ……はいそこ、三回目にしてもうRunawayしないように。だから言ったじゃない! 本当に乱読だって言ったじゃない!
 あと、心優しい皆様におかれましては、なぜ読んでいるのが最新刊なのかなどといった点にはお触れにならないようお願いいたします。お願いいたします。
 しかし何ですね。このシリーズはいつも読んでいると胸がもきゅもきゅしますね!
  1. 2008/06/03(火) 12:07:18|
  2. 緑の読書録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

編集人

Author:茶林小一
 バカSFからバカSMまでをモットーに、火星人や大和撫子などの絶滅危惧種を保護するため世界緑化運動を推進しています。応援よろしくお願いします。

最近の作品

作者一覧

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する